年明けに着物を着るのか、それとも忘年会での話だけで終わるのか

自分が所属するサークルの忘年会の席でのこと。
メンバーのKさんが、自分は琴を習っていて、着物を着て発表会に出ることもある、と言ってスマホで写真を見せてくれました。
するとそばに居合わせたTさんが言いました。
「それなら、年明け最初の例会に着物を着て出るのはどうかな?自分はお茶をやっているから、着物を着ることがあるし…」
実際、Tさんは過去の例会に着物姿で参加したことがあります。
「いいですね。私も着てみたい」
こう言ったのはMさんです。Mさんは夏の例会で、浴衣を着て参加したことがありました。
「私も久しぶりに着てみようかな」
何となくそんな気分になって、私は言いました。以前は美術館に行く時などに着物を着たことがありますが、親の介護のためにここ2年ほど着物から遠ざかっていました。年明けの例会は、久しぶりに着物を着るよいチャンスです。
「でも、私、着付けができないから、美容室にお願いしなくちゃ」
周りの雰囲気に圧倒されたKさんは、顔を引きつらせながら言いました。発表会に出るとき、Kさんは美容室で着付けをしてもらうそうです。
果たして年明け最初の例会では誰が着物を着るのか、それとも酒の席での話だけで終わってしまうのか…。実際にどうなるかは、当日になってみないとわかりません。5万円 借りる