他国ドラマやアルティメットのTVを見た

サパーは、コチラどんどん食欲がないので間食だけにしました。ポッキーのストロベリーテーストを食べました。前日食べたのが残っていたので、残りのを食べました。それを食べただけでたくさんでした。そして、19シーン過ぎくらいから放送されていた、他国ドラマを見ました。こういう他国ドラマは、キャラクターがスパイで父母もスパイなんですが、友達にはバレましたが他の人には内緒にしている。今回は、ロボットの犬を飼ったりしていました。最初は、ほったらかしでしたがあることがあってからは、奪い合いになってしまいロボットの犬は残念ながら、壊れてしまいました。今回は何かとあって面白かっただ。次は、20シーンくらいから放送されていた千差万別番組を見ました。今回は、制限でした。ゲストも出ていました。ランデブーの周遊という曲がり角をやっていたり、ちょっと昔の周遊という曲がり角をやっていたりしました。今回は、1992世代のことをやっていました。

オール、波だ

賃貸住まいの、お近くのお住まいのお嬢様たちが、登校されました。今時物珍しい、4お客様兄弟だ。ご父兄も大切に育てられているのでしょう。後ろから、お父様でしょうか。自転車で、安全な路上までスルーに出られている。
怪しげヒトの多いところですから、何か危険に巻き込まれたらという意識につきでしょう。ごもっとも、その育児に賛同できます。
更に、夫人は、大切に育ててあげたいだ。過保護なくらいでちょうどいいです。
そうすると、自分のちびっこにも、ほかのお子さんにも、ちびっこは続ける手法という意気が育つと思います。大事にされていなければ、よそのちびっこも同じように、大事なものではないというでしょう。奥様教授が大切なのはこのことからもわかります。
どう、大事に育てられてきたはずの、高学歴のお母さんたちが、自分のちびっこを保育所に混じるのか、その意気がわかりません。生活にも耐えることはなさそうだ。
全品、主流です。