車の上によく鳥のフンを落とされてしまうのだが…

車のボンネットやフロントガラスに鳥のフンを落とされてしまうというのは、別に珍しいことではありません。

タワーパーキングを利用していたり、駐車場が地下にあるようなマンションに住んでいれば、そんなこともないのかもしれません。

でも、狭い日本の住宅事情では、多くの家にはガレージなんて立派なものはなく、戸建でもマンションでも、吹きっさらしの駐車場に車を駐めているのではないでしょうか。

そうなれば、気まぐれに落とした鳥のフンにいちいち腹を立てていては、日常的にストレスを溜め込んでしまうことになるでしょう。

しかし、それにしても、最近、車の上に頻繁に鳥のフンを落とされてしまっていて、見つけるたびに「またか…」とがっかりしてしまいます。

ただでさえ、これから仕事だという朝の気分の重さに、このがっかり感がプラスされると、それはもうすべてを諦めたくなるほどです。

ここのところ、毎週のようにそんなことがあるのですが、もはや鳥が狙っているとしか思えないんですよね。

一体、鳥たちは何を考えてフンを落としていくのかと、ちょっと問い詰めてみたくもなってしまいます。シルキーカバーオイルブロック サンプル